2018年12月07日

平成30年度人権擁護功労賞の表彰式にて感謝状を授与されました。

当ホームページなどでお知らせしておりました平成30年度「人権擁護功労賞」表彰式が平成30年12月1日(土)イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)にて行われ、当チームから神田千絵アシスタント コーチが式に出席し、全国人権擁護委員連合会会長感謝状を授与されました。

IMG_20181201_140224.jpg

表彰式には岡山シーガルズを含めた全10組の団体・企業が出席し、法務大臣表彰及び全連会長表彰が行われたほか、法務大臣・山下貴司様、全国人権擁護委員連合会会長・内田博文様からご挨拶として受賞者へメッセージをいただきました。

このたびの受賞理由として、当チームが小学校においてバレーボールを通じて助け合いや思いやりの大切さを伝える「人権スポーツふれあい教室」を実施しているほか、「女性の人権ホットライン」を始めとする各種人権相談窓口を広報するポスター作成への協力、「全国中学生人権作文コンテスト」岡山県大会の後援、「人権擁護委員の費」における街頭啓発活動への参加などが、法務省の人権擁護機関が行う人権啓発活動への支援及び強力において顕著な功績があったと評価されたものです。

なお、山下法務大臣には平成30年7月豪雨で当チーム事務所が被災したことについてお見舞いの温かいお言葉もいただきました。

チーム創設以来貫いてきた、仲間を大切にし、人を思いやることの大切さが評価されての今回の受賞に誇らしく思うと共に、これらの当チームの活動を支えてくださる皆様に改めて感謝差し上げる次第です。

今後も当チームはスポーツを通した地域貢献に積極的に取り組んでまいります。

IMG_20181201_141223.jpg
posted by 岡山シーガルズ at 17:58| 日々の出来事