2018年10月27日

岡山市様企画の小学校給食交流事業に参加しました!

岡山市様の小学校給食交流事業『〜(食べる+運動)×地域の宝=‘えがお’いっぱいプロジェクト〜』で岡山市立岡山中央小学校(岡山市北区弓之町)を訪問しました!
参加した選手はモエ(#7佐々木 萌)・ヒカリ(#13磯部 光里)・ドン(#27楢崎 慈恵)・ナギ(#11柳 萌)・ラム(#10西村 弥菜美)・アカリ(#23前田 明里)です。
これは、健康な体作りと体力向上につながる栄養バランスの取れた給食を摂ること、そして運動することの大切さを伝えると共に、地元のトップアスリートとのふれあいを通して子どもたちが夢を持って心身ともに元気になることで地域活性化へとつなげていくことを目的とした岡山市の事業の一環として行われたものです。

給食の時間まで控室で待っていた選手は5年生の各クラスの児童に案内されて各教室へ行きましたが、教室の造りにまずはビックリ!
こちらの学校では教室と廊下の間に壁がなく、そのため隣のクラスを見通せるようになっており、その開放的な雰囲気に選手たちも感心していました。

選手たちは子どもたちと一緒に席につき、まずは「いただきます!」
この日のメニューはスパゲティーとサラダと牛乳でしたが、育ち盛りとあってぺろりと平らげてしまう子もいました。
2M6A1662.jpg
2M6A1645.jpg
2M6A1737.jpg
2M6A1757.jpg
2M6A1798.jpg
選手が「サラダのおかわりがいる人〜?」と聞くと元気よく「ハイ!」「ハイ!」と手が上がり、みんな給食を楽しんでいました。
食事の合間には選手たちに「どうやったら背が伸びるんですか?」「コート上ではどういう役割なんですか?」「自分の得意なプレーはなんですか?」など、いろんな質問が飛び出していました。
2M6A1829.jpg
選手へ手書きのメッセージやお手製のしおりをくれた子もいて、もらった選手は感動しました!
2M6A1906.jpg

「ごちそうさま」の後はアリーナに移動してバレーボール教室が行われました。
2M6A1940.jpg
最初に選手たちがサーブやレシーブ、アタックなどを実演し、その迫力や的確なレシーブに児童からは「お〜!」の歓声があがり、その後は選手たちがレシーブのやり方などを教えてレシーブ体験。
2M6A2000.jpg
2M6A2021.jpg
2M6A2035.jpg
2M6A2052.jpg
慣れないからか「手がいったーい!」という声も上がっていましたが徐々にみんなもうまくなってきて、円陣パスもみんなでボールをつなぎあって、チームプレーの楽しさを感じてもらえたようです。
2M6A2054.jpg
2M6A2098.jpg
2M6A2122.jpg
2M6A2132.jpg
2M6A2186.jpg
2M6A2215.jpg

バレーボール教室の後には選手たちから子どもたちへのメッセージをお話させていただきました。
2M6A2252.jpg
自分を信じ、周りへの感謝を忘れずに夢を叶えることの素晴らしさ、仲間の大切さに今回の交流を通じて児童のみなさんが気づきを得て、健康な心と体を持って未来へ向けて育ってくれたら嬉しいです!
最後にお礼のお言葉もいただき、選手たちも元気をいただきました!
2M6A2295.jpg

今回の交流の内容を考えてくださった中央小学校の教諭の皆様、おいしい給食を作ってくださる皆様、本事業を企画された岡山市様、その他関係者の皆様、お世話になりありがとうございました!
posted by 岡山シーガルズ at 11:29| Comment(0) | 日々の出来事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: