2017年01月12日

『学びのチャレンジコンテスト』に選手達も取り組んでみました!

みなさんは『学びのチャレンジランキング』をご存知でしょうか?

これは、【園児・児童・生徒が様々な運動(運動遊び)に取り組み、みんなで協力して記録に挑戦することを通して、運動の楽しさと感動を味わってもらうとともに、運動やスポーツへの関心を高め、体力の向上を図る』ことを目的としたもので、岡山県教育庁保健体育課さんが平成18年度から実施している事業です。
この『学びのチャレンジランキング』では、連続8の字とびやクラス早回し短縄とび、連続馬跳び20m走るなどがあるほか、バレーパスラリーといった岡山シーガルズが得意そう!な種目など、様々な種目が設定されていて、みんなで楽しく記録にチャレンジすることができます。



この『学びのチャレンジランキング』“運動”の記録を競うものであるのに対し、“学力”の記録を競う『学びのチャレンジコンテスト』というものがあります。
これは学校で学ぶ教科に関する問題から、「新しい漢字を作ろう」「岡山県の硬貨をデザインしよう」などのちょっと変わった面白い問題まで、幅広い学びに取り組むことができるもので、そんな楽しい問題が掲載された『学びの定期便』も発行されています。



実は岡山シーガルズもこの『学びの定期便』に問題を用意させていただきました!
その問題とは・・・【あなたを応援してくれている人はだれですか?】【(その人に)感謝の手紙を書こう!】というものです。
たくさんの子どもたちが問題に取り組んでくれて、岡山シーガルズの選手達もみなさんの回答を拝見させてもらいました。

0O9A3203.jpg

いろんなみなさんのお答えを楽しく拝見しているうちに、思わず選手達も問題に答えてみました!
チャレンジしたのは𠮷田みなみ選手・川島亜依美選手・丸山亜季選手です!
『学びのチャレンジコンテスト』は学年ごとに記録を競うのですが、選手達はそれぞれ【自分が1年生のとき、または、6年生の時】の気持ちを思い出して、コンテストに挑戦している子どもたちと同じ目線になって答えてみました。

0O9A3165.jpg

吉田選手は6年生の気持ちになってバレーボールに打ち込む自分を支えてくれた【両親】、川島選手は1年生の頃を思い出して「がんばれ!!」の声がけで勇気をくれる【かぞくのみんな】、6年生の気持ちになった丸山選手は家で練習を手伝ってくれたり休みの日にも応援にかけつけてくれる【おばあちゃんと両親】を、それぞれ応援してくれている人として答えました。

みなさんも周りを振り返るときっと【応援してくれている人】がいるはずです。
そんな大切な人へ改めて感謝の気持ちを伝えてみてくださいね!

0O9A3260.jpg
※画像をクリックして選手の答えを見てみてね!
posted by 岡山シーガルズ at 19:38| Comment(14) | イベント
この記事へのコメント

選手から見た周りの人達のこと
こうした形で知ることが出来て
面白かったです。

直筆だとなおさら伝わりました。

家族の応援が1番あたたかい。__
それがよく伝わりました。

全選手見たいくらいです。

また企画してください
ありがとうございました☆

Posted by tsukasa ☆ at 2017年01月12日 21:57
う〜ん。思うどーりには行かないね〜。
ま、勝負の世界だから仕方ない!
こーいう時もあるのだ。

JTだって沈んだ底から浮かびあがってきてるのだー!
暗くならずに頑張ってくぞー!
5561だ!

がんばれ元気だせシーガルズ〜!


Posted by あおぱん at 2017年01月15日 19:14
お疲れ様で〰す。
負けが込んでますが、心ワクワク🎵で試合に望んでますか?試合で試したいことはありますか?そこにワクワク🎵はありますか?1人10個のワクワク🎵を持って試合に望みましょう❗大きなワクワク🎵小さなワクワク🎵みんな合わせて140個❗だいたい人間3割出来たらいいほうなので42点➕基本プレーで20点➕ラッキーで3点➕気合いで5点➕監督マジックで5点➕チャレンジで0点 = 75点 これでストレートで勝ちです🎵ぜひ!心ワクワク🎵大作戦で頑張ってくださーーーい❕
Posted by at 2017年01月17日 01:18
プロ野球では、「三振した選手はしょんぼりしてはダメで、堂々とベンチに戻らなければならない」と聞いたことがあります。
その理由は、相手になめられるからだそうです。

私の勘違いであればお詫びいたしますが、ともさんはアタックミス等した場合、悲しそうな顔をされているように見えます。

相手チームから「大升は弱気になっているな」と思われたらまずいと思います。

ミスった場合、ゆめさん、あんなさんはたいてい苦笑いされておられるように見えますし、しゅうかさんは平気な顔をされているような印象ですが、あっけらかんとしてても良いとすら思います。

素人の生意気なコメントで申し訳ありませんが、今週末は刈谷でともさんが躍動する姿を期待しております!!

Posted by さんちゃん at 2017年01月19日 19:00
まだまだ!

前を向けー!上を向けー!笑っていこー!
がんばれシーガルズー!
Posted by あおぱん at 2017年01月21日 21:34
ファイナル6に残れなくて残念です…(泣)

とりあえずプレミア残留は、絶対おねがいします!!

これからもずっとシーガルズ応援してます♪

ゆめさん、来週のホームゲーム、勝っても結果は変わらないけれど、たくさんのファンの前で笑顔なれる試合をしてほしいです。

少しでも入れ換え戦のコンディションよくしていきましょう!!
Posted by at 2017年01月22日 10:00
今日も一セット目良かったのに、、、

シーガルズはいま 色々と副作用みたいなものが露になってる気がしますね、

宮下選手が常々いってる武器の意外性。
その意外性に相手がいつまでも意外と思わなくなっている事に気づいていない。
低くて早いバレー。高くて早いバレーでしょ、やるべきは。長身セッターなのに、勿体ない
サーブ ディグに関しては日本一のセッターだと思います!
思いやりのあるトスをあげて欲しいものです。
意外性や質 頭の使い方、是非岡野選手 小菅選手 森田選手 熊谷選手思い出して欲しいものです。

打ちにくいトスの上にあんだけ アタッカー振り回しちゃ決まりません、


攻撃パターン 同じタイプの選手同士交代してどおするんでしょう。
宮下選手の組み立て難いと思います。
ひとりの選手が変わるだけでチームカラー変わるような人材いるじゃないですか!

監督も起爆剤として若手、内定選手いれるのは結構ですが、起爆剤に頼りすぎて策が無いように見受けられます。

シーガルズはこんなんぢゃない!
もっとできる!

副作用をなんとか克服して上位チームに食い込めるように頑張ってください。

他所と同じバレーしてても勝てません


Posted by シーガルズコール! at 2017年01月22日 18:24
 がんばれ
Posted by 2128 at 2017年01月23日 06:12
リーグもホームゲーム2試合を残すのみとなりました。
F6に行けないことが決まってしまい気持ちのコントロールが難しいかと思います。
負けが続いて心が折れそうになっているかもしれませんが,'ホームゲーム'だけは,顔上げて胸張って堂々と最後まで戦う姿を僕らに見せてください!
最後まで背中を押し続けていきます!

Do Your Best !!
Posted by hisao999 at 2017年01月23日 12:54

前にある
試合のことだけ考えて。

気持ちを
つぎへ向けよう!

頑張れー☆


Posted by HARUTO☆ at 2017年01月23日 18:14
自分達より攻撃力の有るチームに自分達より多彩な攻撃されちゃ勝てんわな。

サーブ サーブレシーブ コンビもっと練習必要だと思います
Posted by ねむたん at 2017年01月24日 00:24
入れ換え戦絶対に勝って下さい!
シーガルズはプレミアで戦うべき、上位争いすべきチームです!

厳しいコメント沢山ありますが、シーガルズを思って書いてあることだと思いますし、あながち間違い書かれていないとも思ってます!

僕が思うのは、解説の方が繊細なバレーという言い方しますが、それは その当時戦っていた 岡野さん 森さん 川井さん 野村さん 神田コーチ
黒鷲決勝に行った頃のバレーを言われてるんだなぁと、いまのイメージとは違うので寂しく思います。

https://youtu.be/0Cvwo4CqePM

昔の方が魅力的に映っていたし 成績も良かった、、
自分達のスタイルが定まってないからなのかなぁと思ってみたりしています

頑張ってください!
Posted by テレビの前の応援団長 at 2017年01月24日 00:37
は〜るかさん!

『なるようにしかならない』

ですよ(^^)

岡山HGは応援に行けませんが…

3.11-12の大和決戦は、全力応援しますからね!

この試合が終わったら死んでもいいくらい…もとい、もう少し生きたいので(^^;)…喉が潰れてもいいくらい大声で応援します!!

シーガルズファン神奈川県民の意地見せますからね!


追伸
爪の怪我は大丈夫ですか?ここは勇気を持って治療に専念する事も考えて下さい。
Posted by たか at 2017年01月27日 09:38

今やれることだけ

めいいっぱいやって*

それで充分です☆






Posted by HARUTO☆ at 2017年01月28日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: