2018年12月15日

平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会 ファイナルラウンド 2回戦試合結果

昨日から開催されている『平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会 ファイナルラウンド』。
岡山シーガルズは初戦の中京大学戦を制し、2回戦JTマーヴェラスと対戦しました。
立ち上がりの第1・第2セットを取られ、後が無くなったシーガルズでしたが第3セットをデュースの末に取りきるとその勢いで第4セットも奪います。
共にDIVISION1で戦うチーム同士接戦となりましたが、最後はもう1歩及ばす13-15で最終セットを落とし、セットカウント2-3で敗戦となりました。


【大会名】
平成30年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会 ファイナルラウンド

【開催日・場所】
2018年12月15日(土) 於:武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)

【対戦相手】
2回戦 JTマーヴェラス

【試合結果】
岡山 2(18-25 23-25 26-24 25-18 13-15)3 JT

本日もホームから離れた地にもかかわらず、たくさんの応援を有難うございました。
年明け1月5日からはV.LEAGUE DIVISION1が再開、黒部大会にて久光製薬スプリングスと対戦します。
また、翌週の土日および26日・27日はジップアリーナ岡山でホームゲームが開催となります。
来年も揺るがぬ想いで絆を力に戦う岡山シーガルズを応援宜しくお願いいたします!
posted by 岡山シーガルズ at 20:21| 試合